3月18日(日)に東京の大岡山にある「B1ワンダーランド」にて、新しい試みとして、慶應大学鉄道研究会(KRC)様との合同模型運転会が開催されました。当会からは7名、慶應鉄研様側から4名の合計11名の会員が参加し、午前10時前に東急電鉄の大岡山駅に集合し、会場となる「B1ワンダーランド」に向かいました。

 合計9線からなる広大なレイアウトには、蒸気機関車から新型車両に至るまで、JR・私鉄様々な早慶両鉄研の鉄道模型が走り、お互いの車両のディティールやこだわり、趣味分野などを語り合うなど、午後1時までの3時間という短い時間ではあったものの、双方の鉄道模型技術の情報提供や、交流が深まった充実した運転会となりました。

合同運手会1合同運手会2

その後は2次会と称し、全員で東急大井町線・東横線と乗り継いで祐天寺駅へ向かいました。そこから新聞や雑誌でも取り上げられたことのある、「ナイアガラ」というカレー屋で昼食を取りました。この「ナイアガラ」は、蒸気機関車の模型がカレーライスや飲み物を運び、店内の到る所に車両のプレートをはじめとした鉄道グッズが並んでいて、「ナイアガラ専用の硬券」などの記念品を頂いたり、実際の鉄道乗務員の帽子を被らせてもらったりと、非常に楽しいお店でした。あいにくこの日はちょうどお昼時ということもあり混雑していて2グループに別れてしまいましたが、それぞれのグループで会話をしたり、お店の雰囲気を楽しみながら昼食を取って解散となりました。

合同運手会3合同運手会4

これからも早慶鉄研の交流を深めるべく、例年行っている「鉄研早慶線」と共に、新しい交流の形として、また機会があれば是非開催したいと思いました。

また、「ナイアガラ」はファンだけでなく、小さいお子様も楽しめて、祐天寺駅から非常に近いお店ですので、是非休日にご家族で行ってみてはいかがでしょうか?

文責
H.SUZUKI

広告