8月29日(水)に東京の登戸にあるレンタルレイアウト「サブウェイ」にて、新しい運転会の形として、当大学係属校である早稲田実業学校の鉄道研究同好会との合同模型運転会が開催されました。

当会からは5名、早実側から2名の合計7名が参加しました。午後17時近くにJR登戸駅に集合し、会場となる「サブウェイ」へと向かいました。

合計7線からなる情景に富んだレイアウトには、様々な機関車が牽引する貨物列車や、現在活躍する私鉄・JRの車両から国鉄時代を思い出させる懐かしい車両まで、バリエーション豊かな模型車両が走り、お互いの技術やこだわりを語り合うなど、3時間という短い時間ながら、大いに楽しみました。
合同1





その後は有志でファミレスで夕食を兼ねての談話会を行い、小田急電鉄の向ヶ丘遊園駅で解散、それぞれ帰路につきました。

文責
H.SUZUKI

広告