8月27~29日に札幌にて行われたWRC夏合宿にあわせて、せっかくの北海道!!ということで十勝支庁の北東部、陸別町にある「ふるさと銀河線りくべつ鉄道」を同期のS.M.氏と訪問・ディーゼルカーの運転体験をしてきました。
根室本線の池田駅から本別・足寄・陸別といった地区を通り石北本線の北見駅までの140kmを結ぶ路線でしたが2006年に4月に廃止され、全線がバス代行となりました(池田~北見を通しで乗るには陸別にて乗り換えが必要)。その後、陸別駅構内を中心とした1kmほどの区間が整備され、動態保存・体験運転での使用を目的として保存されていたCR70型気動車を使用した運転体験施設「りくべつ鉄道」が発足し現在に至ります。
cr70-8_rikubetsu.jpg
運転体験には「Sコース」と「Lコース」があり、今回は「Lコース」(80分/20000円)を選択しました。受付を済ませ駅構内に入るとそこにはすでにアイドリング音を響かせたCR70が。旧2番ホームから乗り込んで元・運転士の方にレクチャーを受けます。その後床下機器の点検を兼ね様々な設備の説明を聞いた後ついに自分で運転となります。
最大でも20km/hほどしか出せないのですが、エンジンの振動、加減速のショック、ポイント通過時の揺れ…などシミュレーターとは全く異なり「実際に運転してみないと分からない」ことも多く非常に新鮮でした。途中から大雨になってしまい予想外な悪天候の中の運転になってしまいましたが、非常に楽しい運転体験で、最後に特製の「気動車運転体験証明書」なるものをいただいて終了となりました。
終了後、色々な話を聞かせていただき、まだまだ将来への発展がすごく楽しみな施設という印象を受けました。首都圏の鉄道体験施設のようにアクセスに恵まれているというわけではありませんが、行けば必ず忘れがたい体験と思い出になること間違い無しです!!
運転後はS.M.氏と分線駅の跡地を訪問してから陸別のバス停にて解散となりました。分線駅はかなりきれいに残っており、線路ものこっていますがホームの板が腐敗気味でしたので訪れる方は要注意ですよ!!
img_0003.jpg
陸別町商工会ホームページ
http://www.shibare.or.jp/
文責:t.watanabe

広告