こんにちは。3年の川田です。
今年も紅葉の時期がやってまいりました。週末にWRCの有志5人で高山本線・中央本線へ遠征してきましたので、その一部を紹介させていただきます。
まずは、今年で開業80周年を迎える高山本線。
さわやかウォーキング
この列車はさわやかウォーキングの開催に伴う臨時列車で、国鉄色風に塗装されたキハ40・48の3両編成で運転されました。高山本線はちょうど紅葉が見頃を迎えており、朱色とクリームの車体が紅葉とうまくマッチしました。
つづいて中央本線。
ワイドビュー特急
こちらも紅葉が綺麗で、どこで撮っても画になるという状況でした。
沿線をロケハンしていると見事なもみじがあったので、まずはここで1カット。
車体のグリーンマークが良いアクセントになりました。
キヤ95
カメラをセットして列車を待っていると、キヤ95がやってきました。
紅葉と黄色の全面がうまくマッチしています。
そして、こちらがこの日のメイン、「中山道トレイン」。
中山道トレイン
背景は中山道の宿場町、奈良井宿。
雨の湿り気により、古い街並みの温もりが強調できました。
撮影後は奈良井宿を散策し、メンバー全員で蕎麦を堪能しました。
遠征最終日は再び高山本線へ。
高山本線
朝陽を浴びるキハ48普通列車。
キハ40・48は12月から新型車両への置き換えが予定されていますが、
実際に我々が滞在した二日間ともキハ25の試運転に遭遇し、世代交代が近いことを実感しました。
撮影以外にも温泉やご当地グルメを堪能し、一同大満足の遠征となりました。
(写真はすべて筆者が撮影)
文責:T.Kawata

広告