プラレール分科会より西武鉄道とタカラトミーの合同企画である「西武ちちプラレール駅」のお知らせです。

7月14日、西武秩父駅で開催された、西武秩父線50周年とプラレール60周年のコラボイベント、「『西武ちちプラレール駅』開業セレモニー」に参加させていただきました。セレモニーでは西武鉄道・タカラトミー両社社長によるテープカットや、初代レッドアロー5000系のカットモデルの披露が行われました。

テープカットの様子
5000系カットモデル披露の様子

今後、5000系はフォトスポットとして公開され、プラレールの視点のような写真を撮ることが可能です。セレモニーにはプラレールのキャラクター「てっちゃん」が来てくれました。

西武ちちプラレール駅看板

セレモニー終了後、初代レッドアローとレッドアロークラシックが並ぶ光景が見られました。

初代レッドアローとレッドアロークラシック

このようにプラレールを模した板が線路に引かれており、プラレールのような写真を撮ることが可能です。

「西武ちちプラレール駅」は2019年9月1日(日)までの期間限定の企画です。 西武秩父駅は秩父鉄道御花畑駅からもアクセスが可能です。 この機会にぜひ、秩父を訪れてみてはいかがでしょうか。夏の緑輝く秩父の森と絡めるもよし、初代レッドアロー号と絡めるもよし。きっとお気に入りの一枚を狙えることでしょう。(写真はすべて会員撮影)

広告