早稲田大学鉄道研究会

Waseda Railway Club

旅行分科会

旅行分科会について

旅行分科会(通称:旅分)の活動は、毎年梅雨・夏・冬・春に4回実施される「旅分合宿」を主催することです。
旅分合宿の特徴は以下の通りです。

  • 1泊2日 (公式合宿は2泊3日)
  • 食事付きの温泉に宿泊 (公式合宿は素泊まりのため外食)
  • 希望者が参加 (WRC会員なら誰でも可)
  • 少人数 (公式合宿は全員参加なので大人数)

会公式行事の合宿とは違い、数名~十数名程度の少人数での開催となることが主です。また、毎年ローテーションであらかじめ宿泊地方が決まっている合宿と違い、開催地に制約がありません。合宿地や宿泊ホテル・旅館から日程まで、旅行分科会が自由に選びます。

また、公式の合宿同様現地集合・現地解散ですから、往復の行程は各個人が自由に選ぶことができます。大回り乗車をしてから参加する会員や、飛行機・バス等鉄道以外の手段で現地まで来る会員、個人旅行や家族旅行、帰省の途中に参加する会員もいます。基本的に集合は宿泊地最寄りの駅に17時~18時ごろ、解散は現地9時ごろになっていますので、各自で観光や鉄道趣味活動もたっぷりできます。

宿泊するホテル・旅館は食事付きで、費用は宿泊費と宴会の費用を合わせて約8000円~1万円となっており、気軽に参加できます。

ホテル・旅館到着後は温泉に入り、また夕食後には部屋で宴会を行い、鉄道関連の遊びや普段ではできないような会話で楽しい夜を過ごします。もちろん、強制はまったくないので、好きなときに就寝し起床することができます。朝風呂や朝の散歩も自由です。

このように、合宿中もその前後も非常に自由度の高い旅行を楽しむことができます。旅行という同じ趣味を持った仲間と、一緒に旅分に参加してみてはいかがでしょうか。きっと今まで知らなかった新たな発見があるでしょう。

また、この旅分が旅行をするきっかけになれば幸いです。

旅分の様子

過去の旅分のブログ記事は、こちらの旅分のカテゴリからご覧になれます。

梅雨旅分

dsc_0421dsc_0422

梅雨旅分は6月上旬の土日に実施されます。例年、新歓合宿よりも少し遠くへ出かけます。前期の授業期間中ですが、開催地は比較的東京から近く参加しやすいです。2013年度は、静岡県の下田で実施しました。

過去の開催地

  • 強羅(神奈川)
  • 石和(山梨)
  • 鬼怒川(栃木)
  • 下田(静岡)

夏旅分

img_19402 img_1975

夏合宿の前か後1日に行われ、合宿地から少し離れた近隣で開催されます。そのため夏合宿のオプショナルツアーのような感じになります。

過去の開催地

  • 別府(大分、合宿地は熊本・熊本)
  • 小樽(北海道、合宿地は北海道・東室蘭)
  • 大久野島(広島、合宿地は愛媛・松山)
  • 広島 (広島・合宿地は香川・高松)

冬旅分

12月下旬の平日に行われます。年末の忙しい時期ですが、冬休み期間中という事もあり毎年多くの会員が参加しています。

過去の開催地

  • 和倉(石川)
  • 城崎(兵庫)
  • 湯田中(長野)
  • 芦原(福井)

春旅分

休み期間が長いこともあり、梅雨旅分や冬旅分よりも遠めの場所へ出かけます。4年生にとっては最後の旅分合宿となります。

過去の開催地

  • 田沢湖(秋田)
  • 大坊(青森)
  • 湯の川(函館)
  • 浅虫(青森)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。